看護師のキャリアアップに必要な自己投資額はいくら?

看護師のキャリアアップに必要な自己投資額はいくら?

皆さんの中には「頑張って働いてコツコツお金を貯める」そんなふうに貯金を目標に、毎日を過ごしている方も多いのではないでしょうか。でも、考えてみて下さい。

 

それだけでは、この先、お金を貯めるために働き続ける看護師人生になります。働いたお金を生かして、看護師としてキャリアアップした人生を送れたらどうでしょうか。

 

今飲みたいコーヒーに適量があるように、キャリアアップした看護師人生を送るために必要な自己投資額があるはずです。今回は、自己投資により、看護師人生をキャリアアップするのに必要なお金についてまとめてみました。参考になれば嬉しいです。

 

1.今いる職場での専門性を高めたい場合

今いる職場での専門性を高めたい場合

キャリアアップを考えたとき「進学や留学はなんだか大変そうたな」と思ったら、まず「今少し頑張ればできそうな行動」を探し、一歩踏み出して下さい。

 

年間15000〜30000円で雑誌を定期購読する

年間15000〜30000円で雑誌を定期購読する

「看護雑誌」と検索をかけるだけでたくさんの雑誌が見つかります。内科、外科、小児などの専門雑誌の他、オペナーシング、緩和看護、地域保健、外来看護などの雑誌もあります。

 

ここでのポイントは「気になる特集があるから今月号を購入しよう」と考えるのではなく、毎月決まった時期に送付される仕組みを作ってしまうことです。

 

それには、買い忘れや買いに行く手間が省ける定期購読が便利です。雑誌の特集は年間を通し組まれるため、定期購読することで自分が興味のなかった分野などの新たな発見も期待できます。

 

1回10000〜20000円でセミナー参加する

1回10000〜20000円でセミナー参加する

本や雑誌から新しい情報を得ることも大切です。でも、そのさらに何倍もの効果を短時間で手に入れられる方法として「著者の講義を生で聴くこと」があります。

 

セミナーに参加することで、知識や技術が身につくことはもちろん、著者から発せられる大きな刺激を受けることができるはずです。それが、直接講義を受ける醍醐味であり、次へのステップへとつながっていくはずです。

 

認定看護師・専門看護師の資格を取得する場合

約200万円で認定看護師を目指す

約200万円で認定看護師を目指す

特定分野において熟練した看護技術と知識で、水準の高い看護実践のできる臨床のエキスパートを認定看護師と言います。

 

実務経験が5年以上、3年は認定看護分野での実務経験が必要という条件をクリアしているなら、ステップアップとして目指すには最適ではないでしょうか。資格取得に必要な在学期間は6ヶ月と長すぎる期間ではありません。

 

6ヶ月間のハードな勉学に取り組む姿勢や時間確保はもちろん、入学検定料・入学金・授業料で約100万円、認定分野の教育機関が自宅近くにない場合には、家賃などでも約100万円近く必要です。実際には、パソコンや書籍代なども必要になります。

 

約300万円で専門看護師を目指す

約300万円で専門看護師を目指す

複雑で困難な看護問題をもつ個人や家族に対し、水準の高い看護ケアを効率よく提供できるよう専門分野の知識や技術を深めた看護ケアのスペシャリストを専門看護師と言います。

 

実務経験が5年以上、3年は専門分野での実務経験が必要と条件は認定看護師と同じですが、さらに2年の期間を要する看護系大学院修士課程修了が必要となり、期間的ハードルは随分高くなります。

 

2年間学ぶ意欲を切らさない心意気はもちろん、学費の面でも年間100万、2年で200万以上が必要です。他にも実習が必須となっていて、実習先での宿泊費、書籍代、交通費なども想像以上にかかります。

 

3.大学院に進学する場合

約300万円で看護学修士取得を目指す

約300万円で看護学修士取得を目指す

大学院進学の最終目標としては、修士論文を書き、看護学修士資格取得を目指すことです。臨床で自分が研究したい課題を見つけ、その研究に没頭できる大学院での時間は、とてつもなく大きな自己投資の時間になります。

 

私自身、大学院に進学し気づいたことは、明確な研究テーマを持たずに進学の道を選ぶ看護師も大勢いると言うことです。通常、大学院を選ぶときには、自分の研究テーマに対し、さらに飛躍できる環境下で学べるよう教授探しから始めます。今、明確な研究テーマが見つかっていなくても、普段の臨床で感じる疑問や反発心が新たな研究テーマになることもよくあることです。

 

看護師として経験を重ねてきた今、将来を見据え、大学院で看護について学び直すことは大きな意味があるのではないでしょうか。将来的には、看護学校の教員や病院管理職を目指す、博士課程へ進学するなどの道があります。

 

4.海外留学する場合

海外留学する場合

近ごろは、欧米諸国でも高齢化が進み、日本同様、看護師不足が取りだたされ、積極的に他国の看護師採用を行なっています。

 

今回は、そんなアメリカで看護について学ぼうとしたとき、必要となるお金について紹介します。

 

3ヶ月100万円で米国の看護を学ぶ

3ヶ月100万円で米国の看護を学ぶ

他民族国家であるアメリカでは、日本とは違う文化や価値観のもと、看護について学べます。英語が全くできない場合でも、留学することで英語を話す力は進歩が期待できます。

 

だからと言って、自分で学ぶ姿勢がないと大きな成果が得られないのが留学だとも言えます。

 

「留学したい」と言う思いだけで突っ走ると、時間やお金を無駄にしてしまいます。将来は「アメリカで看護師として働きたい」と言う明確な目標がなくても、アメリカで看護を学ぶ意味は見つけることができるはずです。日本にいても、海外からの患者さんと接する機会も増えてきています。

 

そんなとき、英語が話せたらいいなと思う気持ちになるのはよくあることです。そこからのステップアップとして、海外留学してみたいと思うことも悪くないはずです。

 

5.まとめ

まとめ

今回は、看護師としてキャリアアップに必要な自己投資の方法やお金についてまとめてみました。今いる職場で専門性を高める方法として紹介した、雑誌の定期購読やセミナー参加はすぐにでも始められます。

 

認定看護師や専門看護師も簡単ではありませんが、無理な目標ではないはずです。今いる場所から少しキャリアアップできる場所、そこを目指して今できる行動を始めてみて下さい。その小さな行動が、大きな一歩につながるはずです。頑張って下さい。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ