転職サイトに看護師求人が出ていない病院へ転職するには?

転職サイトに看護師求人が出ていない

転職する際には、多くの看護師が転職サイトで求人広告を閲覧しているでしょう。

 

しかし時には「働いてみたい病院があるのに求人サイトに広告が出ていない」といった場面に遭遇することもあります。

 

そのような求人広告が出ていない場合は、どのように採用面接までこぎつけ転職すればいいのでしょうか。順を追って解説していきます。

 

1.病院のホームページの採用情報ページから応募する

病院のホームページの採用情報ページ

病院のホームページなどには、多くの場合採用情報が掲載されています。

 

人気の病院であると、ホームページで募集をかければ人が集まることもあり、わざわざ求人広告を出さないケースもあるのです。

 

「現在募集しておりません」は鵜呑みにする必要がない?!

「現在募集しておりません」は鵜呑みにする必要がない?!

ただし、いつ見ても採用情報が掲載されているわけではなく、「現在募集しておりません」のまま、何年も経っている病院も少なくありません。その場合は、直接応募の連絡してくる看護師がいるので、逐一ホームページを更新していないだけという事も考えられます。

 

定期的にホームページを確認しておく

求人情報が見つからない場合は、そのタイミングが悪かったということも考えられます。

 

4月や9月に配置換えを行う病院では、その機会にだけ求人募集をすることも多いです。どうしてもその病院で働きたいのであれば、求人募集が実施されるまで、定期的に情報をチェックしてもいいかもしれません。

 

ホームページの採用情報は情報量が少ないので注意!

ホームページの採用情報は情報量が少ないので注意!

病院のホームページに掲載されている採用情報は、「看護師募集」「医師募集」など、ざっくりと書かれているケースが少なくありません。勤務時間や給与なども記載されずに、「詳細は問い合わせください」と記載されているケースもあります。

 

応募する際は問い合わせ時に労働条件等を確認すること

応募するのではれば、問い合わせ時に労働条件等をきちんと確認することを忘れないようにしてください。

 

給与や勤務時間、福利厚生等、通常の求人広告に記載されている内容は、きちんと把握してから実際に応募することが望ましいといえます。

 

2.ハローワーク・eナースセンターでも求人を探してみる

ハローワーク・eナースセンターでも求人を探してみる

公に看護師求人を出していない場合は、経費削減のためにあえて、ハローワークやeナースセンターなどの無料で求人案内が掲載できる媒体を狙って募集しているケースもあります。

 

転職サイトや病院の公式ホームページから求人が見つからない場合はこれらの媒体の情報も全てチェックしてみましょう。

 

eナースセンターは看護師専用のハローワーク

eナースセンターは看護師専用のハローワーク

eナースセンターは日本看護協会が運営しているものであり、看護師専用のハローワークです。わざわざ窓口まで行かなくても、転職サイトのように自宅の携帯やパソコンから求人を検索することができます。

 

なお、eナースセンターもハローワークも転職サイトのようにコンサルタントが手厚くフォローしてくれるわけではないので、その点は注意しましょう。

 

地域密着型の施設はハローワークやeナースセンターに多い

地域密着型の施設はハローワークやeナースセンターに多い

そもそも地域密着型の施設はハローワークやeナースセンターに多いという特徴があります。また地方の看護師求人もこれらの媒体の方が、揃っているケースもあります。

 

「看護師の求人探しは転職サイトが全て!」と思っている看護師も多いですが、実はそうでもないのです。特にeナースセンターについては、存在すら知らない看護師も多いのです。希望の病院の求人が見つかる可能性は低かもしれませんが一度覗いてみる価値はあるはずです。

 

3.病院へ直接電話で問い合わせてみる

病院へ直接電話で問い合わせてみる

転職サイト・病院の公式ホームページ・eナースセンター・ハローワークの全てをチェックしても求人情報が見当たらない場合は、最終手段としてその病院へ直接問い合わせてみるしかありません。

 

なおその際には病院の情報を集め、実際にその病院で働いている看護師の話を聞いたりし、下調べをしっかりすることも忘れないようにしてください。

 

基本的にはどの病院も採用をしている可能性が高い

基本的にはどの病院も採用をしている可能性が高い

看護師は今や売り手市場で、どの病院でも人材を募集していることが多いです。基本的には、どんな病院でも、ある程度の規模があれば、常に募集をかけていると思ってもいいでしょう。

 

看護師の場合、女性が多い職業柄、結婚や出産などで突然退職をする人も出てきます。急遽採用しなければいけないケースもあるため、基本的に常に求人広告を出している場合が多いのです。

 

電話に失礼があっては採用面接を実施してくれないこともある

電話に失礼があっては採用面接を実施してくれないこともある

電話を直接かける場合、そこで失礼があっては採用面接を実施してくれない場合があります。場合によっては、どうしても面接を受けさせて欲しいという熱意を伝えることも大切ですので、心の準備をしておくと安心です。

 

電話口では明るいトーンでハキハキと話そう

電話で問い合わせる際は、社会人マナーにも気をつけてください。採用担当者が電話口に出た場合には、面接が始まっていると思って間違いありませんので、明るいトーンでハキハキと話すことが大切です。

 

まとめ

まとめ

もし各媒体に求人広告が出ていなくても、病院に直接連絡をすれば、採用面接をしてもらえるケースは十分にありえます。

 

人手不足の状況が変わらない限りは、基本的にはどの病院でも看護師不足に悩まされていますので、採用面接まではこぎつける可能性があると思ってもいいでしょう。

 

「求人情報がない=経営難の病院」の可能性もある

なお求人情報が転職サイトなどに載っていない場合は、経営難などにさらされていて、広告費を捻出できないというケースも考えられます。

 

経営難の病院へ、わざわざ転職する必要はありません。求人募集がない場合は、その病院の内情や噂を集め、転職先として妥当かどうかをきちんと見極めることが大切です。

 

逆指名転職も視野に入れよう

看護師専用の転職サイトであれば、求人の応募がなくても、担当コンサルタントが病院にアプローチしてくれる、逆指名転職も可能です。

 

看護師の需要があるかこそ、意外と成功しやすく、面接や対応に自信がない方や、転職サイトの担当者を通じて交渉してもらうものありです。

 

また、面接や対応に自信がある方も意外とマナーはできていません。利用することをお勧めします。

 

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ