精神科閉鎖病棟の看護師転職前に向き・不向きをチェック

精神科閉鎖病棟の看護師転職前

精神科閉鎖病棟のイメージを聞くと、「暗い」や「何されるか分からなくて、怖い」などとマイナスイメージが多く「精神科では働きたくない」と言った言葉がよく聞かれます。病院の様々ある科の中でも、特殊な印象をもっている看護師の人が少なくありません。

 

私もそうでしたが、実際のところ良くよく分からないからこそ、イメージだけが独り歩きして、そのような印象を持たれるんではないかと思います。私は精神科は特殊な看護をする場ではなく、コミュニケーション能力が必要とされる看護の基本の場だと思います。

 

1.精神科閉鎖病棟ってどんなところ

精神科閉鎖病棟ってどんなところ

精神科病棟には、開放病棟と閉鎖病棟の2種類があります。

 

開放病棟とは、一般の病院と同じように出入り口を施錠せず、病棟を自由に出入りできる病棟です。

 

閉鎖病棟とは、出入り口が常に施錠されており、患者さんが自由に出入りできない病棟です。

 

閉鎖病棟と言っても、急性期病棟や、比較的症状が安定している療養型病棟、認知症病棟など患者さんの状態や疾患で分けられていますので、病棟によって患者さんの特徴は違いますが一般的な閉鎖病棟に入院している患者さんの特徴は、

 

  • 退院欲求や妄想などによって離院の可能性がある
  • 妄想、幻覚など精神症状が安定していない
  • 自傷行為や自自殺企図がある ・他人に迷惑をかける行動をとる

 

入院時に私物の持ち込みも制限があり、危険物となる刃物や紐などは持ち込めません。ズボンやパーカーなど衣類についている紐も取ってもらいます。

 

閉鎖病棟には「保護室」という部屋がある

閉鎖病棟には「保護室」という部屋がある

閉鎖病棟には「保護室」という部屋があり、個室で外からは鍵をかけられるが、室内からは鍵が開けられない部屋があります。

 

この保護室は、自傷行為・自殺企図がある患者さんに対して安全確保のためや、暴力、迷惑行為などにより他の患者さんへ影響がある場合など、状態の不安定な患者さんが医師の指示のもとに行動制限のために一時的に使用する部屋になります。水中毒がある患者さんの多飲水防止のために、トイレの水も止められるようになっています。必要があれば、隔離だけではなく、医師の指示のもと体幹・四肢の拘束もします。

 

 

「隔離=閉じ込める」ではなく、刺激を避け、心身の休息を図ったり、患者さんの安全を守ったりと治療のための場所になります。患者さんの中には「幻聴で乾電池を飲めって言われる。このままだと従ってしまいそうだから、保護室に入れてほしい」と自分から希望された方もいました。

 

2.閉鎖病棟の患者さんについて

閉鎖病棟の患者さんについて

閉鎖病棟についてこのように聞くと「怖い」というイメージにつながるのかも知れませんが、そんなことはありません。

 

確かに安全確保のために、行動制限や持ち込みの制限がありますが、病棟の造りとしては、保護室以外は一般病棟と同じように個室と数人単位の病室があり、トイレ、洗面所、レクリレーションフロア、洗濯機、乾燥室があります。

 

乾燥室など夜間は施錠している場所もありますが、隔離の指示がない患者さんは病棟内の移動は自由にできます。

 

患者さんの一日の流れについて

患者さんの一日の流れについて
  • 8:00 朝食
  • 10:00 検温 入浴
  • 12:00 昼食
  • 14:00 ラジオ体操 病棟内ウォーキング
  • 15:00 レクリエーション
  • 18:00 夕食
  • 22:00 消灯

 

になります。その他は、フロアでテレビをみたり、患者さん同士でボードゲームをしたり、ベッドで横になったり、本を読んだり、塗り絵をしたり、それぞれがやりたいことをして自由に過ごしています。

 

閉鎖病棟ですが、患者さんの中には医師から○時~○時までは院内外出の許可がでており、その時間内であれば自由に病棟の外に出かけられる人もいます。出かける際は、必ず看護師に外出することを伝えてから、外出してもらいます。

 

また、週に2回ほど看護師同伴で院内にある売店へ買い物に行ったりします。この買い物の時間をとても楽しみにしている患者さんが多くいます。

 

3.精神科閉鎖病棟の仕事内容とは

精神科閉鎖病棟の仕事内容とは

精神科で働いていると、他科で働いている看護師さんから「精神科って、どんな仕事しているの」と聞かれることが何度もあります。精神疾患の治療の基本は薬物療法、心理療法、社会療法です。

 

その為、精神科は一般病棟と違い、点滴治療や検査など医療行為が極端に少なく、仕事内容としては服薬管理、作業療法、日常生活援助が中心です。

 

一般病棟のようにバタバタと忙しく時間に追われることはあまりなく、患者さん一人一人とゆっくり向き合えることができます。

 

精神科閉鎖病棟では、精神症状が強くでている患者がさんが多いので、患者さんからの訴えや、言動の観察が非常に重要になります。自殺企図がある患者さんの症状悪化のサインを見逃してしまうと事故につながる恐れもあります。

 

症状の悪化、改善をいち早く察知できるように患者さんとの会話の時間を大切にしたり、今何に困っているのかなど思いを聞き出すことができるよう、精神看護では、「会話力」「観察力」が培われます。

 

この二つは看護師として今後、どこで働くにしても求められる必要な力なので、精神科で働くことが自分のスキルアップにつながっていると思います。

 

4.精神科閉鎖病棟に向いている看護師とは

精神科閉鎖病棟に向いている看護師

私は精神科閉鎖病棟に向いている看護師の条件は、3つあると思います。

 

精神疾患を理解しようとする気持ちがあること

精神疾患を理解しようとする気持ちがあること

一つ目は、精神疾患を理解しようとする気持ちがあることです。妄想など精神症状によって、患者さんは私たちが普段「普通」と考えている行動とは違う行動をよくします。

 

しかし、その行動は患者さんにとっては意味があり、大切なことであったりします。

 

どうしてそういう行動をするのだろう、と患者さんに寄り添うことから治療は始まるので、まずは理解しようとする心があるかが大切になります。

 

患者との会話が好きなこと

患者との会話が好きなこと

二つ目は、会話が好きなことです。精神看護で重要となるコミュニケーション、患者さんとしっかりとコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことが必要です。

 

私は精神科で働いてびっくりしたことが、患者さんのほとんどの方が私のことを「看護師さん」ではなく「○○さん」と名前で呼んでくれます。

 

患者さんにとっては、病院にいる看護師の一人ではなく、その看護師が自分にとってどういう存在なのかが大切なんだと思います。

 

待つことができる看護師であること

待つことができる看護師であること

三つ目は、待つことができる人です。精神疾患の患者さんは、周りのペースに合わせることが苦手な方が少なくありません。

 

また依存的で、自分で出来ることでも「できないから手伝って」という人もいます。そんなときにすぐに手を出してしまっては、できる能力を下げてしまう可能性があるので、「ゆっくりでもいいからやってみてください」と見守ることが大切になります。

 

自己主張の苦手な方も多くいるので、何かを伝えたいけど話し出せないときは、しばらく話しやすい雰囲気を出しで立ち止まって待ってください。このような普段の関わりから、患者さんのセルフケア能力の向上や心理面の変化を図っていきます。

 

3.精神科閉鎖病棟に不向きな看護師とは

精神科閉鎖病棟に不向きな看護師とは

精神科に少しでも興味があると考えている方の中には、不向きという方はいないと思います。

 

しかし、精神科閉鎖病棟では、検査や点滴治療など医療行為が少ないので、救急医療やその他の医療行為技術の向上を目指している方には、物足りなさを感じ不向きだと考えられます。

 

また、開放病棟に比べ、精神科閉鎖病棟では精神症状が強く出ている方が多いので、暴言を吐く人や不潔行為をする患者さんが中にはいます。精神症状の影響なので注意をしたらすぐに落ち着くようなことではありません。薬物治療や心理的療法等によって、徐々に改善していくようものなので、そのような精神症状を受け入れられない人は、働いてて負担になるかもしれません。そういった面から、精神科閉鎖病棟では、忍耐力が求めらえます。

 

さらに精神科開放病棟に比べ、精神科閉鎖病棟の方が、患者さんの年齢層も高く、精神症状も強いことから介護度も高い傾向にあります。その為、体力もある程度求められます。精神科閉鎖病棟では、身体面、精神面にタフであることが必要です。

 

ただ患者さんは素直で繊細な方がすごく多いです。看護師側が誠意をもって接すると必ず受け止めてくれ、コミュニケーション技術により患者さんによい刺激を与えることができれば、症状が快方に向っていきます。精神治療において、看護師の役割が非常に重要なので、働いてみると思っていたよりもやりがいを見つけられる職場だと思います。精神科が気になる方は、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

4.精神科閉鎖病棟の求人を選ぶ際の注意点

精神科閉鎖病棟の求人を選ぶ際の注意点

精神科閉鎖病棟に転職をしようとするときは、どんな患者さんがいるのか、自分に努めらえるのか不安ですよね。

 

しかし、私が働いている看護師の半数以上が、一般病院経験し、精神科に転職しています。そして、精神看護をやりがいに感じ、いきいきと楽しく働いています。 失敗はしたくない転職だからこそ、注意するポイントもあります。

 

給与だけで判断しない

給与だけで判断しない

精神科は看護師の給与レベルが高いと言われいますが、その反面、精神的負担や体力が求められる科でもあります。

 

給与が極端によいところは、仕事が大変だったり、退職者が多いといった理由が隠れている可能性があります。

 

精神科閉鎖病棟にも、特徴の差がある

精神科閉鎖病棟にも、特徴の差がある

精神科未経験の人は、精神科が自分と合うかどうかもポイントになります。

 

精神科閉鎖病棟と言っても、病院によってあらゆる精神疾患を受け入れているところもあれば、統合失調症の患者さんが多い病院、アルコール中毒の患者さんが多い病院など特徴の差もあります。

 

精神症状を受け入れて看護がしていけるか、まずは職場見学をして働きたいと思う精神科の雰囲気をつかんでみてください。

 

勤務体制を知る

勤務体制を知る

病棟勤務は今は2交代が主流ですが、まだ3交代の病院もあります。

 

3交代のところは、準夜→日勤、日勤→深夜と言うシフトを組んでいるところもあるので、身体的、精神的にタフさが求められる精神科閉鎖病棟ではつらいと感じる方も多いかもしれません。

 

働く職場の勤務体制を知っておくとよいでしょう。

 

まとめ

まとめ

患者さんとしっかりと向き合って看護がしたいと考えてる方には、精神科は最適だと思います。業務内容は医療行為が少なく、日常生活援助が大部分を占めているので、ゆっくりと会話をする時間がもてます。

 

患者さんに向き合い信頼関係を築きながら関わっていく中で、患者さんのセルフケア能力の向上や心理面の変化を図っていくことが重要になります。精神科は看護師と基本となる「会話力」「観察力」が身につくことができる場所でもあり、自分が提供できる看護の質もアップします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ