看護師がリハビリ病院から総合病院へ転職する際の注意点

看護師がリハビリ病院から総合病院へ転職する

看護師が、

 

「リハビリ病院から総合病院への転職は可能かでしょうか?」

 

結論から言うと、可能です。

 

リハビリ病院は、専門性が高い分野であり、知識が高められる、専門性の高い看護を追求する事ができます。

 

その一方、障害受容の過程を経て、生活の再構築をしていく患者の日常生活援助が多い為、一般的な医療、看護技術の習得は、そう多くはないかもしれません。

 

私も、新卒でリハビリ病院へ入職しました。

 

職場の人間関係も良好で、リハビリ看護にもやりがいを感じていました。先輩看護師の多くは、急性期病院からの転職をしてきた人達が多く、新人だった私に「リハビリ看護もやりがいはあるけれど、若いうちに、一度は、外へ出て今の医療や看護の現場を知った方が良い。」とアドバイスをもらった事が転職を考えたきっかけとなったのです。

 

リハビリ病院から総合病院へ転職するメリット

リハビリ病院から総合病院へ転職するメリット

総合病院では、リハビリ病院では、経験できなかった処置総合病院は、診療科が多く、医療設備も整っている為、一般的な医療処置のみならず看護処置を必要とする検査なども経験できます。

 

具体的には、中途採用者には、経験がある医療処置や看護についてのチェックリストを採用している病院や中途プリセプター制度を導入している所もあります。

 

また診療科が多い事で、病床の空きがある病棟に、違う科の患者が転棟してくる事もあり、様々な疾患の患者と接する機会が増えた事で、必然的に幅広い分野の病態や看護について学ぶきっかけとなりました。

 

新しい分野の勉強は、大変でしたが、患者の役に立つ事が出来た時は、大きな喜びを感じることができ、学ぶ意欲へとつながりました。

 

リハビリ病院とはちがったやりがいを見出せる

リハビリ病院とはちがったやりがいを見出せる

リハビリ病院は、急性期を脱し、回復期にある患者を看ていきます。一方、総合病院で、一人の患者の急性期の状態から、回復期に至るまでの一連の経過を看ることができることは、看護師として大きなやりがいにつながると思います。

 

私が働いていた総合病院では、外来と病棟が連携しており、病棟看護師が、外来で勤務する事もありました。

 

退院後も、地域のかかりつけの病院として外来通院へと移行する患者も多い為、受け持ちをした患者の退院後のサポートも可能であります。

 

勉強会などの学ぶ機会が多い

勉強会などの学ぶ機会が多い

私が転職する際に、総合病院を選択した理由の一つは、教育制度がしっかりしており、学ぶ機会が多く得られる所でした。認定看護師も多く在籍していた為、感染や褥瘡などの講習会の頻度も多く、初級編から応用まで幅広く学ぶ事ができました。

 

また、看護部主催だけでなく、医師からの疾患や救急対応についての講義も行われており、学びたい意欲のある人には、最適な環境でもあります。

 

病院附属の図書館が併設されている場合には、職員も活用できる可能性が高い為、医学書や医学、看護雑誌などの最新の情報を得る事もできます。

 

リハビリ病院から総合病院へ転職するデメリット

リハビリ病院から総合病院へ転職するデメリット

リハビリ病院は、医療処置・看護技術が多く無いという認識から、様々な技術を学びたいという強い意思があっても、上司が今までの経験などを考慮して同じ様に技術が必要の無い病棟に配属される可能性はあります。

 

総合病院の様に幅広い科を抱えている病院の中には、希望の部署に配属されない可能制も多いにあるのです。

 

率先力と期待され、精神的負担になる可能性がある

率先力と期待され、精神的負担になる可能性がある

逆に、人出が足りず、医療処置や技術が多く必要とされる病棟に配属される可能性もあります。

 

新卒で無く看護師経験のある中途採用者場合、本人としては、新人のつもりで1から学ぶつもりでいたとしても、病棟の看護師からは、経験者として、率先力として期待される傾向があります。

 

リハビリ病院から総合病院へ転職する際の心構え

リハビリ病院から総合病院へ転職する際の心構え

デメリットにも挙げましたが、スキルアップを目指し転職する際には、新しい分野では新人と一緒です。

 

病院が変われば、申し送りや、カルテの整理方法、看護技術や医者との連携など細かい手順や方法が変わる事がほとんどです。

 

謙虚な気持ちで、学ぶ姿勢を忘れずに、病棟の業務がスムーズにいくように努力する必要があります。

 

入職前は、配属先の分野の勉強をしておくこと

入職前は、配属先の分野の勉強をしておくこと

私自身も、転職一ヶ月前に、配属発表がされた際には、医学書や参考書などで事前に勉強してから転職に臨みました。

 

具体的には、一般的な看護技術の手技が、写真付きで掲載されている本や、配属先の病棟に多い疾患や必要な看護について書かれたものを活用しました。転職前に、時間が確保できるのであれば、その分野の勉強をする事で、安心して転職への心の準備ができると思います。

 

まとめ

まとめ

リハビリ病院から総合病院への転職は、難易度が高いと感じる方もいるかもしれません。私自身も、最初は不安もありましたが、総合病院へ転職したメリットは多くありましたし、多くの学びがありました。

 

また、離れてみた事で、リハビリ看護が1番好きな分野である事も再確認できたのです。もしかしたら、この転職をきっかけに、あなたの看護師人生が変わるかもしれません。

 

好きな分野を見つけ、その分野の看護を極める事もできるのです。もしスキルアップしたいなど前向きな気持ちがあるのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

 

最後に:転職するまでのプロセス

最後に:転職するまでのプロセス

転職を考えている方の多くは、日々の多忙な業務をこなしながら、転職活動も同時進行していきます。その中で、自力で様々な情報を得るのは限界があります。転職活動の際には、看護師求人サイトへの登録をお勧めします。

 

あなたの希望に沿った病院を提案してもらえるだけでなく、口コミや職場環境など、病院のホームページだけでは、わからないような情報を得ることができます。

 

すぐに転職を考えていない場合でも、登録するだけで、隙間時間に求人のチェックや、気分転換になるようなコラムや医療、看護関連の記事などを読む事ができます。p> 『ここだ!』と思える求人に出逢えるように、準備をしていきましょう。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ