中途看護師だけど辞めてもいいの?リスクと転職注意点

中途看護師だけど辞めてもいいの?リスクと転職注意点

転職は看護師として経験したものの・・・

 

給料は安いし、残業もキツイ。今の職場を辞めて、もっといい条件の職場で働きたいなぁ…。

 

そう思ってしまうこと、ありませんか?

 

そこで今回は、中途看護師が今の職場を辞めるリスクと、転職する際の注意点について、解説していきます!

 

中途看護師が辞めるリスクについて

中途看護師が辞めるリスクについて

中途看護師が仕事を辞めるリスクとして、まず考えられるのが「今後の転職が不利になる可能性がある」という点です。もちろん、その時々の状況にもよりますが、転職経験が多くなればなるほど、転職先の面接官から不信感を持たれる可能性は高くなります。

 

もしも、今回辞めることで転職回数が「3回」を超えてしまうようであれば、次回からは面接対策を万全に行っておく必要があることを心得ておきましょう。

 

また、他にも中途看護師が仕事を辞めるリスクとして、「転職先において、同じ経験年数の看護師よりも、出世が遅くなる可能性が高い」という点も考えられます。 役職に就く看護師は、採用時に「師長候補」など、役職があらかじめ決められている方以外は、原則的に「看護師の経験年数とともに、職場での勤務年数が長い看護師」が優遇されます。

 

よって、「将来的に看護師長や看護部長など、役職のついた立場、またはチームリーダーなど、責任ある立場になりたい」と考えている中途看護師にとって、「勤務年数がリセットされる」ことは、大きなリスクとなります。

 

辞めない方いい中途看護師とは

辞めない方いい中途看護師とは

辞めない方がいい中途看護師、それはずばり「明確な理由はないけれど、ただ漠然と、今の職場を辞めたい」と考えている中途看護師です。

 

看護師は求人倍率が高いので、看護師の求人は常に出ています。そのため、ついつい求人情報を見て「うちの職場より条件がいい!ここで働きたいな」と思ってしまいます。

 

しかし、仕事を辞め、新しい職場で仕事をすることは、とても大変なことです。

 

病院によって採用している看護技術が違うことも多いため、今までの職場では常識的に行われていたことも、新しい職場では行っていない、なんてことも珍しくありません。

 

結婚・出産など、家庭の事情によるものや、後述する中途看護師でも辞めた方が良い場合ではなく、「明確な理由はないけれど、今の職場に対しては不満が多いから辞めたい」という場合には、仮に転職したとしても、すぐ他の職場にまた目移りしてしまい、自分の理想の職場を求め、転職を繰り返してしまうことになりかねません。

 

よって、明確な理由が見つかるまでは安易に転職せず、今の職場でキャリアを積むことをお勧めします。

 

中途看護師でも辞めた方がいい場合

中途看護師でも辞めた方がいい場合

中途看護師でも辞めた方がいい場合。それは「抱えている問題が、退職以外での解決方法がない時」です。

 

上司から執拗なパワハラを受け、精神的に疲労がたまり、日常生活に支障が出るようになった。

 

残業や連続夜勤などが重なり疲労が蓄積し、体調を崩してしまった。

 

部長へ休職・異動をお願いしても、聞き入れてもらえない。

 

このようなケースでは、中途看護師でも仕事を辞め、転職をお勧めします。 看護師は患者さんに対し、療養上の世話を行う職業です。

 

患者さんの療養上の世話をする立場の人が、仕事によって心身の体調を崩していては、十分な看護を提供することはできません。

 

自分自身を守ることは、患者さんにより良い看護を提供することにもつながります。 看護師として長く働くためにも、「退職に対し明確な理由があり、退職以外では解決ができない」と思った場合には、転職を検討するべきだと考えます。

 

中途看護師が転職する場合の注意点

中途看護師が転職する場合の注意点

中途看護師が転職する場合、注意したいのは、「新しい職場では長く働くとアピールする必要がある」ということです。

 

新卒看護師が転職する場合、採用者も「転職をしなければならないほど、大きな問題があったのだろう」と推測してくれます。

 

しかし中途看護師の場合は「なぜ今の職場を辞め、転職を検討しているのか」という点が見られているのと同時に、採用にあたっては「うちの職場では、以前の職場とは違い、長く働いてくれるのか」という点を特に重視してます。

 

特に短期間で多くの病院へ転職を繰り返している場合、採用者は「この人は採用しても、長く働いてくれないかもしれない」と考え、不採用となってしまう可能性が高くなります。

 

よって、中途看護師が転職する場合には、「なぜ、前の職場を辞めたのか」について、説明できるようにしておくとともに、「新しい職場で長く働くために、自分ではどうしていきたいか」を積極的にアピールする必要があります。

 

まとめ

まとめ

職場は、人生の中でも多くの時間を過ごす場所です。

 

「看護師はどこも不足しているから」と安易に転職をせず、「明確な辞める理由」の元、「より長く働ける環境」を目指し、慎重に選び、決断されることをお勧めします。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ