看護師から見たグループ病院と一般病院の違いとは

看護師から見たグループ病院と一般病院の違いとは

グループ病院と一般病院では、違うことがいくつかあります。

 

今回は、グループ病院と一般病院それぞれについて「給料・教育・イベント・福利厚生」の違いを比べてみました。

 

それぞれの特徴を理解し、病院選びをすることが、転職の成功には欠かせません。今回の記事が、転職選びの参考になれば嬉しいです。

 

「給料体系」が違う

「給料体系」が違う

普通、給料は基本給が決まっていて、そこに夜勤手当や休日手当、手術手当などが加算されます。通常、基本給は、毎年少しずつ上がっていきます。この基本給を元に、ボーナス支給率も決まります。

 

つまり、収入アップに欠かせないのが、基本給を上げていくことです。例えば、10年勤めた病院から転職すると、次の転職先での基本給は、またはじめから積み上げていくことになります。

 

病院によっては、今までの経験を考慮し、経験加算として加えた上で、基本給を決める場合もあります。

 

それでも、全ての経験を加算として加えてもらえることはほとんどなく、最大3年という病院もあります。

 

グループ病院では給料を引き継いだまま転職できる

グループ病院では給料を引き継いだまま転職できる

でも、グループ病院は違います。全国にあるグループ病院間での移動であれば、北海道から沖縄に移動しても、給料は変わりません。

 

もちろん、基本給もそのまま、積み上げていけます。同じグループ病院だから当たり前と思われるかもしれませんが、生涯を考えたときには、とても大切な話なのです。

 

つまり、あなたがグループ病院に転職すれば、次に転職を考えたとき、全く別の場所にある病院へ、給料を引き継いだまま転職できる、ということになります。

 

また、忘れてはいけないのがグループ病院の給料は、他の施設の経営に影響されるということです。自分が働く病院の経営が良くても、他のグループ病院が良くなければ給料は下がります。

 

もちろん、逆もあります。転職先を探すときは、グループ全体としての経営状況を、把握する必要があります。

 

「教育プログラム」が違う

「教育プログラム」が違う

最近は、ラダー制度が導入されている施設がほとんどです。ラダー制度とは、看護師として段階的に、知識や技術を身につけていくための教育プログラムです。この教育プログラムは、病院ごとに違います。

 

一般病院では、転職前の経験と自己申告を参考に、自施設のどの教育段階に入るかを検討します。この場合、病院側は実際働いてみないと評価しにくい、という難点があります。働く側からすると、実際の技術との間にギャップがでやすい、という難しさがあります。

 

グループ病院では継続した教育を受けられる

グループ病院では継続した教育を受けられる

その点、グループ病院間での転職であれば、ラダー評価を活用した、継続した教育を受けやすいといえます。ラダー評価が上がっていき、主任などの管理職に昇格することも、グループ病院間での転職であればスムーズです。

 

日本看護協会は、あらゆる場所で共通の評価ができる指標として、看護師クリニカルラダーを提唱しています。

 

今後、活用が進めば、一般病院間の転職でも、同じ評価が受けられるようになるかもしれません。

 

「病院イベントの規模」が違う

「病院イベントの規模」が違う

一般病院で、病院主催イベントと言えば「歓迎会」「忘年会」くらいです。定番は、4月入職者を対象に行なわれる歓迎会。これは、グループ病院でも盛大に開催されます。

 

次に、忘年会。これは、一般病院にとっても、一大イベントです。とは言っても、大きめの会場で盛大な食事会とビンゴ大会、と言うくらいが一般的ではないでしょうか。

 

グループ病院では施設ごとの精鋭が集まり出し物を披露

グループ病院では施設ごとの精鋭が集まり出し物を披露

でも、グループ病院は違います。施設ごとの精鋭が集まり、歌ったり踊ったり、出し物を披露します。私が勤務していたグループ病院では、忘年会前の時期は不思議な空気がありました。

 

毎日、休憩中に集められ、施設ごとに披露するダンスの練習をする、というくらい本気のイベントでした。当日は、施設グループごとに出し物の順位を発表し、豪華な景品を出したり、撮影会をしたりと、盛大な会になります。

 

さらに、開催場所も有名ホテルの会場を貸し切ったり、会場まで大型バスをだしたりと、行事の中で最大イベントの扱いです。グループ病院の特徴としては、他にも4月に花見、夏にバーベキューや運動会、冬にスキーなど、季節ごとのイベントも盛りだくさんです。

 

グループごとの参加者は少なくても、たくさんの施設が集まれば、大所帯になるのがグループ病院の利点です。家族参加できるイベントも多く、子育て中の看護師や、イベント好きの看護師にも嬉しい特権ではないでしょうか。

 

「福利厚生の充実度」が違う

「福利厚生の充実度」が違う

一般病院での福利厚生といえば「住宅手当」「家賃補助」などが一般的です。

グループ病院の福利厚生は豊富

グループ病院の福利厚生は豊富

グループ病院の場合は、もっとたくさんの福利厚生があります。例えば「家具や家電付きの寮」「グループ共済保険」「人間ドック費用補助」「保養施設優待」「優待チケット」など、多岐に渡ります。

 

家具や家電付きの寮があれば、何が助かるのでしょうか。今住んでいる場所からは通えない職場への転職、引っ越しが必要な転職だったとしても、寮に空きがあれば、すぐに生活を始めることができます。グループ共済保険に加入することで、高くない金額で、大きな保障が得られます。

 

大切な毎年の人間ドックも、自分で受ければ大きな出費になります。

 

この点、補助を利用すれば、少しの出費で自分の健康を管理できます。他にも、グループ病院が契約している保養施設を、優待価格で利用できます。プロ野球やJリーグ観戦、東京ディズニーランドやUSJなどの優待チケットなどもあります。

 

上手く活用すれば、プライベートもお得に充実できます。

 

私がグループ病院に勤務していた頃1番利用したのが、映画の優待チケットです。実質、自己負担は500円で、毎月1本以上の映画を見られました。

 

まとめ

まとめ

今回は、グループ病院と一般病院それぞれの「給料・教育・イベント・福利厚生」の違いを比べてみました。どちらが良いとは一概にいえませんが、それぞれの特徴が分かっていただけたのではないでしょうか。

 

今回、紹介したことを参考に、ご自身の希望に近いのは、グループ病院なのか、一般病院なのか考えてみて下さい。迷われたときは、転職サイトを利用することをオススメします。たくさんの情報から、じっくり転職先を選んで下さい。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ