【体験談】看護師から企業の医務室保健師に転職して後悔したこと

看護師から企業の医務室保健師に転職して後悔

看護師と保健師は似ている業務もあるのですが、むしろ違う業務の方が多いかもしれません。

 

私は、パートでしたが、企業の保健師として働いていました。

 

私が看護師から保健師に転職して後悔したことをいくつかお話できたらと思います。

 

夜勤がない為、給料が大幅に減ること

夜勤がない為、給料が大幅に減ること

まず、1つめは給料の話です。

 

病院勤務の時は、夜勤があったので通常の手当プラス夜勤手当がもらえていたのですが、保健師は企業で働く人と同じ勤務体系のため、日勤のみの給料になります。

 

私はパートのため、大幅に給料は下がったのですが、正社員だったり会社によっては給料の良い所に就職できたりすれば看護師時代の給料とそう差が開かないのかもしれません。

 

あとは、看護師として働いていても日勤のみのパートで働いていた場合は、保健師に転職しても給料の差には戸惑わないかもしれません。

 

個人個人を深くみるわけではないこと

個人個人を深くみるわけではないこと

2つ目は、担当する人数の規模が違うため、視点を変えなければならないという話です。 看護師は、入院したり通院したりしてくる患者に対して看護をしたり話したり直接的に関わることができます。

 

保健師は精神的なことや身体的なことで直接話を聞きたいと思った気になる社員がいるとします。例え気になったとしてもすぐその社員に会えるわけではありません。基本的に企業で働いている社員です。

 

社会人として当たり前のことなのですが、業務が優先のことが多く、個人的に保健師が社員とと話す機会は上司やその社員と電話やメールなどでアポイントを取って時間を作らないとできないです。

 

そのため、その社員と直接会うのが数か月後になってしまった…ということもあります。

 

当たり前のように気になる人にアプローチをすることができなくて悶々とする保健師も少なからずいるようです。

 

休日が平日にはないこと

休日が平日にはないこと

3つめはお休みが全く変わるという話です。

 

病棟の看護師は平日・休日関係なく働き、更に夜勤もあるため平日の休みも当たり前のようにあることと思います。

 

休日は他職種の友達と休みが重ならないため、寂しい思いも経験されていると思うのですが、平日の休みは意外と大切で、役所や銀行、郵便局などに用事がある場合は特に助かります。私は未だに日・祝日の休みよりも平日の休みが大好きです。

 

保健師は、働いている企業と同じ勤務体系で、大抵の会社は土日祝日が休みで平日は勤務です。そのため、休み希望を出さなければ平日は休みが取れません。

 

上司に直接交渉しなければならないことをストレスに感じなければ良いのですが、私は気が小さいため平日の休みを貰うたびに胃痛と闘っていました。

 

新たなスキルを1から学ぶ必要性があること

新たなスキルを1から学ぶ必要性があること

4つめは、新たな知識を取り入れる覚悟が必要になるという話です。

 

病棟にいる看護師として必要なことは、その病棟の科の知識や看護技術・患者さんとのコミュニケーションの図り方などが問われます。

 

保健師は、企業によって違うのですが、私の場合看護師時代に培った知識はほとんど利用できず採血ぐらいしか利用価値がありませんでした。

 

健康診断の結果を踏まえての会話でも病気になる前に意識してもらい、生活改善をしてもらうには相手に理解してもらって行動に移ることが出来るよう促さなければなりません。

 

つまりは保健指導の能力・ビジネスマナー・企業の理解・PC操作(Word、Excel、PowerPoint などのオフィス)がしっかりできることが重要となってくるため、今までの知識と経験を捨てて、新たに覚える気力が必要です。

 

最後に

最後に

私が経験した「看護師から保健師に転職して後悔したこと」を4つに分けてお話をしてきたのですが、年齢を重ねたり結婚などでライフスタイルを変えたりすることで働き方も変わっていきます。

 

「転職をして後悔したこと」として挙げてはいますが、逆手に取れば子供がいれば日勤の方がいいですし、平日よりも土日祝日のお休みの方が家族の予定が揃いやすく、遊びに連れていくのも簡単です。

 

皆さんは病院などで勤めていれば「普通のOLもやってみたかったなぁ」と思うこともありませんか。私は、OLに憧れがありました。

 

そのため、企業で働くのはとても新鮮でしたし、楽しい経験でした。

 

新たな知識を沢山覚えないとならないのは大変なのですが、看護師を数年やってきているということはそれまでに沢山の知識を頭に入れて、新しく更新してきたということです。私は看護師という職種の人間は知識に貪欲な生き物だと思っています。

 

保健指導の能力は、例え看護師に戻ることになっても強みにしかなりませんし、PC操作も看護研究には必要なスキルです。ビジネスマナーもどこで必要になるかは分かりません(私は、学校の役員会でとても役に立ったことも加えておきます)。皆さんの人生のスキルアップのために保健師も経験してみてはいかがでしょうか。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ