看護師が転職できる年齢は何歳まで?

看護師が転職できる年齢は何歳まで

看護師の資格を持っていればいつでもどこへ行っても就職できる。そんなふうに思っている方も多いと思います。

 

しかし、看護師といっても働く場所(病院の規模・病院以外での看護職)や科によっては年齢制限があります。

 

公に募集要項で何歳までと書いてあることもありますが、書かれていなくて入職してから自分の体力や周りとのギャップに悩むというケースもあります。

 

ここでは、実際にどんな働き口でだいたい何歳までに転職できるのかをお話させてもらいます。

 

看護師の転職に年齢制限はあるのか

看護師の転職に年齢制限はあるのか

基本的にはないです。

 

しかし、これは一般的な病院においての話で、職場によってはブランクがあることや年齢が高いことが周りのスタッフの負担になることも実際にはあります。

 

年齢が高いことがなぜ負担になるかという理由については、若いスタッフが目上の人に対して指導することや、指摘することに抵抗を感じる人もいるからです。その病院でのやり方などは経験年数とは異なりその現場に長くいる人の方が優勢な立場になってしまうのはどうしても仕方のないことです。

 

その現場が若い人が多いと年齢が高い人は居づらいこともあります。 また、年齢が高くなることは体力的にもきついのが実際です。その為、働ける場所も限られてきます。

 

逆に看護師臨床経験5年以上を募集要項にあげている企業や病院、施設もあるので一概に年齢が高いから制限があるということではなく、若い(経験年数が短い)からNGな転職先もあります。

 

看護師が病院に転職できる年齢とは

大学病院の場合

大学病院の場合

年齢制限はないですが、病棟勤務は忙しくまた中途での入職の場合ある程度の戦力として迎えられているため、ブランクがある方や家庭があると身体的に転職は難しいです。

 

体力的には35歳くらいまでをオススメします。

 

専門・認定看護師など資格を持っていれば、病棟業務と言うよりは病院全体への教育、患者指導、相談などの業務中心なので、特に体力面(忙しいとは思いますが)カラダを使っての仕事は少ないので特に年齢制限はないです。

 

国立病院の場合

国立病院の場合

国立病院は、毎年国立病院付属の看護学校から新卒を多く取っていることや、全国に系列病院があることで転勤も可能なため夫の転勤や実家へ帰るなどの理由が合っても転勤という形をとり辞める人は少ないです。

 

中途の正職員起用の看護師は少ないです。テストや小論文、面接の採用試験もあるのでやる気と経験知識があれば、特に年齢制限はありません。

 

急性期の総合病院の場合

急性期の総合病院の場合

年齢制限はなく、豊富な知識や忙しくても腰が重くならずに動ける体力があれば転職可能です。急性期の経験があれば中途のスタッフの方が新人看護師より即戦力になるので周りからもありがたがられます。

 

急性期は、五感を使った看護が生かされる現場でもあるのでむしろ中途看護師の経験が活かされる場所です。

 

療養型の病院の場合

療養型の病院の場合

年齢制限はなく、むしろ療養型の病院は家庭をもってからの転職や、大学病院や総合病院などを経験してから少しのんびり働くという第2・3の転職先であることも多いので年齢層も高めです。

 

看護師がクリニックに転職できる年齢とは

看護師がクリニックに転職できる年齢とは

基本的には、制限はありません。

 

ただし、美容クリニックに関しては看護師自体がその病院の看板のようなものなので比較的年齢層は若くまた、美容に対しての意識が高い方が多いです。患者も美意識の高い方が多くさまざまな情報をもって来院しています。

 

自費診療で治療を受けることも多いのが美容系クリニックの特徴でもあるので、患者自身への対応も重要です。

 

その為、ただ年齢が若くて美意識が高いだけで務まる場所ではなく、接客能力も問われる就職先になります。

 

看護師が介護施設へ転職できる年齢とは

看護師が介護施設へ転職できる年齢とは

制限はないです。

 

基本的に介護施設での看護師の役割は、利用者の健康管理が主な仕事で利用者のお世話は基本的には介護士がするので体力面の負担は少ないです。

 

その為療養型病院同様、第2・3の転職先として選択する人も多く年齢層は高めです。

 

介護施設での看護師の配置人数は少ないため、自分で判断することも多く、熟年の経験が必要でもあるので、若いうちに転職するよりは経験を積んでからの転職の方が向いています。

 

看護師の年齢が若いうちに転職しておいた方がいい職場とは

看護師の年齢が若いうちに転職しておいた方がいい職場とは

大学病院は、若いうちに転職することをオススメします。

 

勤務は忙しい、課題もたくさん、後輩指導に、学生指導。やることはたくさんありますが、充実感や達成感も味わえます。体力・気力・吸収力のある若い時じゃないとついていくのが困難なこともあります。

 

大学病院で経験したことが後の転職先で役に立つことも多く、自分の自信にもつながるので若いうちに転職することをオススメします。

 

看護師が年齢を気にせずに転職できる職場とは

看護師が年齢を気にせずに転職できる職場とは

一般病院もしくは、一般クリニックです。

 

上記の転職先であれば年齢が若くても、若くなくても看護師の資格さえあれば仕事はできます。年齢層も幅広く同じような経験年数や同じ世代の同僚もいるかと思うので、働きやすいでしょう。

 

まとめ

まとめ

年齢・経験年数によって働ける就職口は異なるので、情報を集め自分に合う職場かどうか考えてみましょう。

 

自分の経験値がその転職先に合っているか、年齢がクリアしていても転職先の分野に興味を持てるかなど適性も含めて考えて転職先を考えましょう。

 

すぐに転職することは難しいので、これから先の自分の看護師としての働き方などをイメージし、今しかできないこと(大学病院への転職など)は、計画を立てて転職活動をしましょう。いつまでも先延ばしにしていると時期をのがし、あの時転職していればよかったと後悔することもあるので専門の転職サイトなどで相談してみるのも手かもしれません。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ